脱初心者できたジムの選び方

ジム選びは脱初心者する為に最も大切な要素です。

ジムに入ったけど、初心者のままでトレーニング人生が終了してしまう場合があります。また、ジムに入ったけど全く効果が出なくてトレーニング人生が終了してしまうケースもあります。

ジムさえ選び間違えなければ…悔やんでも悔やみきれません。
入ったジムさえ良ければ素晴らしい体を手に入れられていた可能性があったのに!

ジム選びは、何も成果が出せずにトレーニング人生が終了するか、脱初心者して素晴らしい体を手に入れるのかの最初の分かれ道です。

それでは脱初心者するためにはどのジムに行けば良いのか、脱初心者できた今までの経験から紹介していきます。

ジムの選び方

まず大前提として、

初心者にとって優しいジムとは本格的なジム!

本格的なジムの方ができることはたくさんある

初心者に優しいと言われているジムはできることが限られいる

この前提を理解することが脱初心者する為には最重要です。
初心者に優しいジムというのは、初心者しかいないジムです。脱初心者する為の設備はなく、初心者が筋トレできる設備しかありません。その中で頑張ったとしても初心者ができる内容しかないので、脱初心者できることはありません。
本格的なジムは敷居も高いですが、実際に脱初心者している方がたくさんいます。脱初心者する為に必要なことが全てできるのです。
ここで反論もあると思います。
「初心者向けのジムで筋肉がついてから本格的なジムに行けば良くない?」
別にこれでも良いです。
しかし少し考えれば分かりますが、初心者向けのジムで筋肉をつけることと、本格的なジムで筋肉をつけるのはどちらが早いか?
間違いなく後者でしょう。そして、どうせ本格的なジムに行く予定ならば初めから行った方がコスパは良いです。
初心者向けのジムに行く最大のリスクは、
「効果が出る前に筋トレをやめてしまう」というもの。初心者しかいないのですから、誰も成果が出せないということです。そして通っている方の中にも「筋肉がついてから本格的なジムに行こう」と思っている方もいると思います。それなのに、明らかに初心者の人の中に混ざってしまっている。これでは、自分が初心者向けのジムで効果を出すことは難しいでしょう。
初心者向けの事務の代表は、大手フィットネスクラブが代表です。
1度見学に行ってみて、スタジオレッスンのおばさんが多かったり、マシンやフリーウエイトが置いている面積よりも、有酸素運動ができるスペースの方が多かったら初心者向けのジムです。そして、最大の見分け方として、マッチョがいないです。

脱初心者は環境がすべて

脱初心者するためにはジム選びが大切だと言ってきました。しかし、初心者の方はどうしても本格的なジムにはいきづらいものです。そこでなぜ筋トレ初心者には環境が大切なのでしょうか。

筋トレ上級者は限られた環境の中でも、トレーニングができる技術やノウハウを持っている。

上級者ほど、どこでもいいのです。初心者向けのジムでもノウハウや技術があるので、結果を出すことが可能です。

筋トレ初心者の場合は、やれることが限られているとも気づかずに、成果が出ないまま筋トレ人生が終了してしまう可能性があります。まさか自分が環境のせいで成果を出せずに筋トレ人生が終わってしまった。となってしまうのです。すべては環境のせいだとは知らずに。

だから、筋トレ初心者の人は、一刻も早く本格的なジムに行くべきなんです。

しかし、世の中には人のためを思って不親切なことを言ってきていただけるありがたい人たちがいるのです。大手のジムがそうです。初心者に優しいジムを作ってくれているのですが、それで成果が出るかは別問題。

通ってくれればいいので、成果が出てしまっては困るのです。
この本心があるので、初心者向けのジムは成果が出せないようになっているのです。

初心者が犯してしまいがちな間違い

ここまできたらもう本格的なジムに行きたいと思い始めていると思います。しかし、まだ本格的なジムに行くことに抵抗があると思います。
しかし、それが間違いかもしれません。

「もう少し筋肉がついたら本格的なジムに行こう」
「自重トレーニングでしっかり基礎を作ってからジムに行こう」

筋肉がついたら本格的なジムに行けばいいのですが、筋肉がつく前に筋トレ人生が終了してしまう可能性があります。これは度々言ってきました。

「自重トレーニングでしっかり基礎を作ってからジムに行こう」

これはかなり危ない間違いです。自重トレーニングでそもそも基礎はできません。筋トレの基礎は、ある程度筋肉がついている。そして、ある程度の重量を使って正しいフォームで筋トレができる。というもの。

どちらも自重トレーニングで満たすことはできません。自重トレーニングは実は超上級者のトレーニング種目なのです。この考えの方はジムに行けることは残念ながらありません。

なぜなら、筋トレの基礎を作る場所がそもそもジムだからです。
自重トレーニングで素晴らしい体を作っている人はなにかスポーツのバックグラウンドがあったり、もともとジムでのトレーニングの経験がある方ばかりです。そうでない場合、自重トレーニングでジムに行けるほど基礎を作り上げることがそもそも難しいのです。

ジムの選び方

ここまでくれば一刻も早くジムに行きたい!
脱初心者するためのジムの選び方を教えてくれ!と思っていただけていると思います。私の経験を含め、ジムの選び方を紹介します。

私は今までにたくさんのジムに通ってきました。

まずはプロフィールにあるように公共系のジムに始まり、大手フィットネスジムで少しだけバイトして、今はゴールドジムに行っています。

ゴールドジムに行くようになってやっと脱初心者できました。
いわずもがな、私も初心者の人がおかしがちな間違いを犯していました。

実際に脱初心者している人がいる

設備が整っていて、数多くのマシンがある

通い続けられる

ジム選びには上記の点が大切です。
最も大切なことは実際に脱初心者している人がいること。この条件を満たしている場合、その他の条件を満たしている可能性が高いです。

  1. ゴールドジムなどのボディービルジム
  2. エニタイムなどの24時間ジム
  3. 公共系のジム

この条件から考えた場合、このような有線順位になります。
この優先順位から選べば脱初心者への道は大きくひらけます。

ゴールドジムには行き辛い

ここまできて結局ゴールドジムかよ!初心者には行き辛いんだよ!
自分もそうだったので、ものすごく分かります。超わかります。最後に大切なことを紹介します。

ゴールドジムにはなぜ行き辛いのでしょうか?

  • ガチな人しかいない
  • マッチョしか行っちゃダメなところ

ガチな人しかいないから初心者の自分が行ったら、嫌な顔をされるのじゃないかとか、まだゴールドジムはまだ早いとか。
ゴールドジムに行くことがまだ早いというのは大間違いで、設備が限られたジムに行く方が本当はまだ早いのです。

ではガチな人しかいないから行き辛いというのはどうでしょうか。
ここまで読んでいただけたなら、あなたは十分にガチなトレーニーです。大歓迎です。そして、ガチじゃない人がいるジムに行って、脱初心者ができるのか。一刻も早くゴールドジムに行くべきです。

そして、筋肉をつける為にジムに行ってるのに、ガチにならない理由がわかりません。みんなガチ中のガチです。

体の見た目なんて誰も気にしていません。ゴールドジムにいるマッチョな人達もみんな初心者だったのですから。

そして、これが1番大切なことなんです!
体を見せるのはジムの中じゃなくて、ジムの外!ジムの中の体なんて全く気にしなくていいんです。体の見た目を気にしなくてはいけないのは体を見せる場所です。

海だったり、好きな人の前だったり、友達の前だったり、気にする場所はそのような場所です!ジムの中は一人一人がそのような場所に向けてガチになる場所!楽しく安全にガチで脱初心者していきましょう。

終わりに

ジム選びについて長々と書いてきましたが、ジムは脱初心者するためには最も大切です。

ゴールドジム以外にも素晴らしいジムはたくさんあります。家の最も近くにあるボディビルジムに行くことをオススメします。ボディビルジムの見分け方は、マッチョの写真が飾ってあればほぼ間違い無いです。

何度も行ってきましたが、敷居が高いと思っているボディービルジムの方が実は初心者には優しいのです。

脱初心者するためにお役に立てれば幸いです。あなたのマッチョ道が素晴らしいもののなることを願っています!