デカフェの効果

健康

コーヒーのすすめ 

を書いている時にふと思ったことがあります。

カフェインの量を抑えたデカフェにはどんな効果があるのだろうか。

ダイエットやトレーニングにいい面があるのか調べてみました。

デカフェとは

デカフェとは元からカフェインが含まれていたものからカフェインを取り除いたものを言うそうです。

そうです!使い方完全に間違っていました

私は「デ・カフェ」だと思っていました。
つまり、「デ」の部分がカフェインを取り除くこととか、カフェインが含まれていないものを作ることだと思っていました。

「デ」(カフェインを取り除いた)

「カフェ」(コーヒー)

「デカフェ」(カフェインを取り除いたコーヒー)

だと思っていました!

どうやら違うらしい

デカフェとは元はカフェインが含まれていたものからカフェインを取り除いたもののこと。

正しい使い方は、

「デカフェのコーヒー」となります!
お恥ずかしい話ですが、初めて知りました。

その他にもカフェインに関する言葉があるらしい

デカフェの他にも、

  • ノンカフェイン
  • カフェインレス

という言葉があるそうです。

ノンカフェイン

ノンカフェインはカフェインを含んでいないもの

カフェインレス

カフェインレスはカフェインをほんのすこし含んでいるもの

本題に戻ると

デカフェとは、コーヒーからカフェインを取り除いたものとなります。
単純にコーヒーからカフェインの効果を引き算したものと言うことが言えます。

抗酸化作用はそのままに、寝る前に飲んでも睡眠に影響がないコーヒーということですね。トレーニング前には特に意味はなさそうですね。ダイエットにも。

カフェインの過剰摂取にはならないのでそこがいい面なのかな。
カフェインがないだけなので、あえて飲む意味がわかりません。

カフェインを含んでいるコーヒーがやはりオススメですね!

終わりに

デカフェはデカフェという飲み物ではなく、
コーヒーをでカフェしたものである!ということを初めて知りました!

驚きというよりも、恥かしさ、今までドヤ顔でデカフェ、デカフェと言っていた自分が恥ずかしいです。

今日からはデカフェのコーヒーと正しい使い方をします。

もしですが、私と同じように勘違いしている人がいたら、何も言わずにそっと正しい使い方を覚えていってください。