卵1個以上食べたら身体に良くない?えっあなたいつの時代の草食動物?

健康

「卵を1日に1個以上食べるとコレステロールが高くなるから食べないほうが良いんでしょ?(ポテチボリボリ)」

よく聞かれるのですが、正直

「まだそんなこと言ってんの?」

と思っています。

なぜそうなってしまったのか

みていきましょう。

卵を1日に1個以上食べると身体に良くない!?

卵を1個以上食べるとコレステロールが上がると言われるようになった原因から見てみましょう。

うさぎに卵を食べさせた

これは有名な実験です。
1913年にロシアで行われた実験です。
その内容は、うさぎに卵を食べさせて血中のコレステロールの値を見たのです。

その結果、血中のコレステロールの異常な上昇が確認されたのです。

「コレステロールの値が異常に上昇しました!よって人体にも危険です!」

ということになりました。

これが今日まで続いているのですね〜。

うさぎって草食動物だよね

上の実験の結果を見ると、まさに卵を食べるとコレステロールが上がると思ってしまいますよね。

だけど、ちょっ、えっ、うさぎって草食動物だよね!?

草食動物に卵食べさせたら何かしら異常が出るって普通じゃないですか?

普段摂取していないコレステロールを摂取すれば、血中にコレステロールが増えることは簡単に想像できます。

なぜコレステロールは悪者にされるのか

そもそもコレステロールはなぜ悪者なのでしょうか。
コレステロールが悪者呼ばわりされることが多いですが、その原因は脳梗塞の現場に居合わせるからです。

活性酸素という悪者がホントの原因です。
この悪者がタンパク質とくっついて安定しているコレステロールを攻撃します。
こいつはタンパク質とコレステロールをバラバラにしてしまいます。
タンパク質とくっついて安定していたのに、活性酸素の攻撃により、バラバラにされ不安定なコレステロールになってしまいます。
不安定なコレステロールは使い物になりません。

この不安定なコレステロールが血中にあると困るので、なんとかしようとしてくれるものがいます。

それがマクロファージと平滑筋細胞というものです。

この掃除屋さんのようなマクロファージと平滑筋細胞によりコレステロールが掃除されるのですが、この掃除屋さんが不安定なコレステロールを溜め込むことにより、アテローム(粥状隆起)というものができてしまいます。

このアテロームが脳梗塞の原因にもなっているのです。
そして本当は活性酸素が悪者なんですが、アテロームの中にコレステロールがあることにより、コレステロールが悪者扱いされてしまっているのです。参考:「医学常識はウソだらけ」三石巌

ホントは悪くないのに、そこにいるだけで先生に怒られてしまう人いますよね。コレステロールも一緒で本当は悪くないのに、可哀想なやつなんです。

コレステロールの大切な役割

  • 細胞膜を作る材料となっている
  • ビタミンDの原料となっている
  • 性ホルモンや副腎皮質ホルモンの材料になっている。
  • 胆汁の原料となっている

どれも明らかに大事な役割ですね。

体内で大量に作られている

大切な役割を担っているので、不足したらものすごく大変なことがおこってしまいます。
例えばホルモンが作れなかったら、ストレスに対抗できません。

そのため肝臓で大量に作られているのです。

ベジタリアンに高コレステロールの人がいるぐらいですからね。

結論

肝臓で大量にコレステロールは作られています。
よって、卵とコレステロールの値は関係ないのです。

ただ、卵にもカロリーがあるため、体重増加による弊害はあります。
それには気を付けてくださいね!

山本義徳氏もブログで書いています。

「健康自主管理の重要性」山本義徳オフィシャルブログ

そして三石巌氏も書籍で何回も書いています。

現在にもそのまま通じる知識が、私が生まれる前の本にすでに書いてあるのでいつも驚かされます。三石理論すごいです。

卵は身体にいいのです!こちらに詳しく

今日も私はたくさん食べます^^