今年の減量で学んだこと!

雑記

今年は3月〜先日の大会まで減量していたのですが、
昨年までの方法と大きく変更して行ってきました。

その中で、たくさんの学びがありました。

上手くいったこと

上手くいかなかったこと

まあ、大半が上手くいかなかったことなんですけどね!(泣)

について書いていきたいと思います。

みなさんが少しでもダイエットに成功できるように祈っております!

それではいきましょう!

上手くいったこと

上手くいったことは…特にありません!笑

強いて言うなら、ローカーボダイエットで大会に出場することができたことです。

ローカーボダイエットとは、巷で言われている糖質制限と同じです。

糖質制限は

  • 筋肉が落ちてしまう
  • 頭が働かない
  • 健康を害してしまう

と言ったことが言われていますが、実際はそんなことはなく、

私が感じたことですが

  • 減量で筋量は落ちてしまうが、ローファットよりも落ちにくい
  • 頭は、糖質を摂取する前よりも働く
  • 健康を害さないどころか体調が良い

ということでした。

やり方を間違ってしまうと、糖質制限による害の影響を受けることはあるかもしれませんが、正しいやり方であれば(例えば脂質を制限しないなど)そんなに影響はないのではないかと思います。1型糖尿病の方は少し違うので、注意が必要です。

まあ、上手くいったことはそんなことでしょうか。
マジで特になくてすいません!笑

ケトジェニックダイエット(ローカーボダイエット)の詳しい感想はこちらに書いてあります。

上手くいかなかったこと

上手くいかなかったことは、たくさんあります!

  • 減量方法と減量期間をしっかりと決めなかったこと
  • 前年よりも重い体重で仕上がるであろうという慢心を抱いてしまったこと
  • 減量後半にかけてカロリーを落としすぎてしまったこと
  • チートを入れるタイミングを間違ってしまったこと
  • 体重を増やしすぎてしまったこと

などなど。
皆さんの参考になればと思いますので、それぞれ詳細に書いていきたいと思います。

減量方法と減量期間をしっかりと決めなかった

これは例えば、減量期間が4ヶ月であれば、

ローファット2ヶ月

ローカーボ2ヶ月

のように、減量方法と減量期間を明確に決めておくべきでした!

私が行った内容は、

ローファットとりあえず1ヶ月

残りはローカーボで、余裕があればローファットに戻す。

というあまりにも悲惨な内容でした!
今この文章を書きながら、改めて自分の恐ろしさに恐れおののいております。(泣)

内容をしっかりと決めていなかった為に、結果としてローカーボの期間が3ヶ月になってしまいました。(泣)
山本義徳さんもメルマガ等でよくおっしゃられていることなのですが、ダイエットに関しても体は馴化してしまうそうです。つまり、あまりにも長い間同じようなダイエットをしていると、体重が落ちなくなってしまうということです。

これは物凄く体感しました。
やはり2ヶ月を過ぎてくると、余り体重の減りが良くなくなり、結果的にカロリーを落とすことになってしまいました。

前年よりも重い体重で仕上がるであろうという慢心を抱いてしまったこと

前年の仕上がりは71kgでした。水抜いて70kgでした。

なので今年は72kgぐらいで仕上がるだろうと思っていました。

しかし、全くそんなことはありませんでした!w

むしろカーボがない分前年よりも軽い体重で仕上がっていなければならなかったのです。
しかしそれに気付けたのは、大会の3週間前!
その時にはまだまだブヨブヨでしたので、少しだけ諦めようかとも思いました。出れてよかったー!

前年よりも少しだけでかくなっている程度では、仕上がり体重に余り差が出ないようです。

減量後半にかけてカロリーを落としすぎてしまったこと

上記のようなことがあったため、急激に体重を落とさなくてはいけなくなりました。

ここだけの話ですが、1日を通してプロテインとMCTオイルで過ごしたりしていました。そんなことをすればもちろん体は代謝を落として体重を落とさないようにしてしまいます。

そうなるとまたカロリーを落として…

というループに陥ってしまいました。

後半はほとんど何も食べないなんてことになってしまって、しなっしなのハリのない体になってしまいました。入賞できて本当に良かった(泣)

チートを入れるタイミングを間違ってしまったこと

チートはしないほうが良い減量と山本義徳さんはいろいろなところに書かれています。

それを鵜呑みにしてあまりチートを取り入れませんでした。

しかし、この前提条件としては、代謝の高い状態をキープできている減量を行えている場合となるでしょう。

私は上記のように全く順調ではないのにもかかわらず、チートを全然取り入れませんでした。今思い返すと、もっとチートをしていた方が結果的に代謝が高い状態をキープできたのではないかと思っています。

体重を増やしすぎてしまったこと

これが減量失敗の1番の原因です!!!

バルクアップと肥っている違いがわからずにブクブクと体重だけを増やしていました。
結果的に−16kgという無茶な減量になってしまいました。

体重が増えると扱う重量もどんどん増えていきます。それが楽しくて体重を増やすのですが、余り増やさないほうがいいと思いました。

最悪な状態としては、体重は増えているのに、扱う重量は変わらないということです。
私はオフの後期はこうなってしまっていました。

バックアップと肥るは紙一重です。

そしてシーズンオフは気持ちや体はオフにしてはいけないということを学びました。

来年に向けて

来年に向けて!

今年もたくさんの失敗をしましたが、もうすでに来年に向けて動き始めております!
やはり、コンテストコンディションまで減量した後は筋肉の成長も早いですね!
大会直後は本当にバルクアップのチャンスです!

そして、今年のオフは、山本義徳氏オススメの

「プチ増量とプチ減量を繰り返す」

という方法でバルクアップしていきたいと思います!

来年の減量に関しては、今までとは全くもって反対にして、

期間をできるだけ長くとる!

というやり方でやってみたいと思います。

いつも減量期間が足りなくなってしまうので、次回は1ヶ月ぐらい余る計算で減量していきたいです。

減量方法としては、

「プチ減量と維持を繰り返す」

という方法でダイエットしていきたいと思います!
次回もローファットとローカーボは半々でいきます!

それでは、まだまだシーズン中の人もいると思いますが、がんばってください!

夏は終わりだと思うまでが夏!
という言葉も聞いたことがあるので、

まだまだ夏です!引き続き頑張っていきましょう!