「インナーマッスル」と「コアマッスル」の違いや特徴とは?

インナーマッスルを鍛えることは大切です。なぜ大切なのでしょうか。それはインナーマッスルが体の中で大切な働きをしているからです。

コアマッスルも同様に大切な働きをしています。

ではそもそも「インナーマッスル」と「コアマッスル」とはどのようなものなのでしょうか。

インナーマッスルとコアマッスル

インナーマッスルとは、外から触れない筋肉のことをいいます。そして、インナーマッスルの中で、体幹を支えている筋肉のことをコアマッスルと言います。

アウターマッスルは外から触ることができる筋肉のことです。

インナーマッスル

インナーマッスルとは外から触ることができない筋肉のことです。
トレーニングの際にインナーマッスルという場合は、姿勢の維持や関節の正しいポジショニングを保つ筋肉のことを言います。

代表的なインナーマッスルには、肩の関節のインナーマッスルや骨盤周辺のインナーマッスルがあります。

コアマッスル

コアマッスルとは、体幹を支えているインナーマッスルのことを言います。
代表的なものに、大腰筋や脊柱起立筋などがあります。

このコアマッスルを鍛えることを目的に行うトレーニングのことを「コアトレーニング」といったりします。

どのように鍛えれば良いのか

インナーマッスルとコアマッスルは、姿勢の維持や関節の正しいポジショニングを保つための筋肉です。つまり、普段の生活から無意識的に使っている筋肉ということです。

ということは、無意識的に使っているので、トレーニングによって鍛えることは意識がしづらい分、難しいと思います。

難しいと言っても鍛えることは可能です。有名なものだと野球選手がよくやっているチューブを使ったトレーニングがあります。コアマッスルの場合はレッグレイズのような腹筋運動でしょう。

インナーマッスルについて

個人的な考えとしては、障害予防やスポーツのパフォーマンス向上にはインナーマッスルのトレーニングは必要不可欠ですが、ダイエット目的のために行うのは効率的ではないと思います。

インナーマッスルは姿勢を保つ筋肉なので、正しい姿勢の維持が必須になるフリーウエイトトレーニングをすれば、大きなアウターマッスルとインナーマッスルを効率的に鍛えることができるでしょう。

ダイエットの場合はフリーウエイトのトレーニングを中心に、インナーマッスルも同時に鍛えていくことをオススメします。

スポーツ選手が行っているインナーマッスルのトレーニングを真似すれば即座に効果が出るわけではないでしょう。スポーツ選手は元からの筋肉の強さが一般の人とは違うのです。

終わりに

インナーマッスルを鍛えることに関しては個人的には否定派です。

インナーマッスルの働きや大切さを理解していて、何のために鍛えるのかという目的がはっきりしている場合はいい思いますが、なにも知らない人がインナーマッスル、インナーマッスル言ってるのを聞くと心配になってしまいます。

私はもちろん鍛えています。特に肩は怪我をしてからインナーマッスルを重視しています。

今も少しインナーマッスルブームなのかな?

トレーニングには流行り廃りがあります。もしかしたらインナーマッスルを鍛える前に、自分の目的に合った筋肉を鍛えたほうが最短距離でゴールへ行けると思いますよ!

アウターマッスルが悪いなんてことは全く無いですからね。

参考文献