インスリンショックとはなにか。トレーニング前の食事の内容について考える

トレーニング前に糖質を取るべきなのか。

取らないべきなのか。

インスリンショックとの関係はあるのか。

インスリンショックとは

運動前に糖質を摂取することにより、運動中に低血糖になり、パフォーマンスが下がってしまうことをいいます。

インスリンショックとトレーニングとの関係は

トレーニング直前に、食事により糖質を摂取したり、トレーニング前に糖質が含まれたドリンクを飲んだりすることにより、インスリンショックが起きてしまうことがあるそうです。

これは、糖質とインスリンの関係から起こってしまいます。
トレーニング直前に糖質を摂取することにより、インスリンが分泌されます。この糖質の摂取がトレーニング直前である場合、インスリンが血中にたくさんある状態でトレーニングをすることになります。トレーニング中は糖分を使いますので、血糖値が高い状態でないと、高いパフォーマンスを発揮することができません。

このように、トレーニングの直前の糖質の摂取によるインスリンショックにより、トレーニングのパフォーマンスが低下してしまいます。

どうすればいいのか

トレーニングをいざ始めてしまえば、交感神経が優位になり、血糖値を上げるホルモンが分泌されます。(グルカゴン、成長ホルモン、アドレナリンなど)

血糖値を上げるホルモンが出てから、糖質をワークアウトドリンクで摂取すれば問題ありません。

ワークアウトドリンクに入れる糖質の量は

トレーニング前の食事は

トレーニング前の食事は、摂取した糖質がエネルギーとして使われる1〜2時間前には終わらせておいたほうがいいでしょう。

トレーニング直前の食事は、インスリンショックを起こしてしまう可能性があることと、摂取した糖質がエネルギーとして使われないということを考え、避けたほうがいいでしょう。
また、交感神経が優位になることにより、消化吸収能力も低下してしまうので、避けたほうがいいと思われます。

トレーニング1〜2時間前には、食事は終えておく。

どうしても直前になってしまう場合は、糖質の摂取は避ける。

私はどうしているのか

  • トレーニング2時間前に食事
  • トレーニング直前にEAAとプレワークアウトを摂取
  • トレーニング中はワークアウトドリンクの中で糖質を50g摂取

とこのようにしています。

トレーニング2時間前に食事を取ることが難しい場合は、トレーニング1時間前にプロテインを摂取しています。

トレーニング中の変化はありません。

終わりに

トレーニング直前の食事はなんだかパワーが出そうでたくさん食べたくなってしまいますよね。

それが反対にパワーを減らすことになってしまうかもしれません。
また、交感神経の働きなどを考えても、直前は避けたほうがいいでしょう。

反対にトレーニング後の食事は、ものすごく大切なので、できるだけ早く摂取したほうがいいと思います。この時は糖質をしっかりと摂取し、インスリンを出すようにしたいですね。

ハードなトレーニングをした後だと、あまり食欲が出ませんが、私はポストの食事までがトレーニングだと思って頑張って食べています。これが1番辛いんですけどね。