甘味料について

ダイエット

甘味料と言えば人工甘味料が1番に頭に浮かびますよね。

それだけではなく天然の甘味料もあるんです。

どうしても甘いものが食べたい時には、もしかしたら使えるやつかもしれないです!

それでは甘味料についてみていきましょう。

甘味料とは

甘味料(かんみりょう、Sweetener)とは、食品甘みをつけるために使われる調味料である。なお食品衛生法による食品の表示にあっては食品添加物に区分される。近年では、天然に存在しない人工甘味料である合成甘味料も利用されている。

引用:wikipedia

甘味料は「天然甘味料」「人口甘味料」に分けられます。

天然甘味料

天然甘味料はサトウキビなどの天然のものから作られている甘味料です。この中には天然の原料から作られる糖アルコールも含まれます。

天然甘味料

  • 砂糖
  • ハチミツ
  • メープルシロップ
  • ブドウ糖果糖液糖
  • 果糖ブドウ糖液糖 など

糖アルコール

  • キシリトール
  • ソビトール
  • マンニトール
  • エリスリトール
  • グリセリン
  • ラカント など

人工甘味料

人工甘味料は天然には存在しない甘味料です。人工的に化学的に作られている甘味料です。

  • サッカリン
  • アスパルテーム
  • アセスルファムカリウム
  • スクラロース など

安全なのは天然?人口?

天然の甘味料の「果糖」の問題点についてはこちら

それでは人工甘味料について見ていきましょう。

腸の中に水分が引き込まれるため、人工甘味料を使いすぎると、お腹が緩くなってしまうこのがあります。

引用:「炭水化物のすべて」山本義徳

人工甘味料は人体で消化吸収されません。
消化吸収されないことにより、人口甘味料は腸内に長くとどまります。そのたま水分を引き込んでしまい、下痢になるのです。下痢にならないように量の調整が必要そうですね。

膵臓には甘みを感じるレセプターが存在し、人工甘味料の刺激によってインスリンが分泌されます。

引用:「炭水化物のすべて」山本義徳

これは大問題です!

なぜこれが大問題かというと、インスリンは糖分を運ぶホルモンです。血中に糖分がある場合はインスリンが血糖値を正常に戻してくれます。しかし、人口甘味量は消化吸収されないので、血中には糖がありません。その結果、低血糖になってしまうのです。

そして低血糖になった結果、空腹感が強くなり食べ過ぎを起こしてしまうのです。

人工甘味料はこのような問題があります。

結局どっちが安全なのか

砂糖や果糖を大量に摂取するよりは、人工甘味料を少量だけ使って消費カロリーに気をつけるようにしたほうが、かえってリスクを減らすことができると思われます。

引用:「炭水化物のすべて」山本義徳

人口甘味料は消化吸収されないため、カロリーがほとんどありません。ということはうまく使えばこのように、いろいろな疾患のリスクを減らすことができるのです。またダイエットにも最適です。

しかし、前述したような問題点もあります。

人口甘味料そのものが問題なのではなく、低血糖による食べ過ぎが問題です。その問題を知っているのと知っていないのとでは大きく結果が変わってくると思います。
このような問題点があること、利点もあることを意識してうまく人口甘味料と付き合っていきたいですね。

「人工甘味料は体に悪い」だから他の甘いジュースにしよう!という短絡的な考えにはならないようにしたいですね。

安全な甘味料糖アルコール

基本的に糖アルコールは安全性が確立されており、問題なく使えます。

引用:「炭水化物のすべて」山本義徳

このように糖アルコールは安全に使えるということが証明されています。

「ラカント」はインスリンを高めないことが示されているそうです。

ダイエット中にはラカントによる料理が大活躍します。私の妻も使っていますが、ちゃんと甘みを感じられ、それほどクセもないのでおすすめです。私はそもそも味付けがめんどくさい

まとめ

人工甘味料はそれなりに問題点がありましたが、うまく使えばダイエットを楽にしてくれそうですね。

私は上の問題点を使って増量中の食欲がない時に、あえて飲んだりしています。
食べるのが大変な時でも、食欲が出るような気がして助かっています。

もちろん減量中の時もガンガン飲んでます。最近は歯がしみるので歯のために本当は飲みたくても飲まないようにしている

低血糖になり、空腹感が増すということを知っておけばそれほど辛くないはずです。

みなさんも問題点をしっかり抑えて、うまく取り入れていきましょう。

今回参考にした本はこちら。
トレーニー、トレーナー、アスリート、ダイエッターには必読の本です。