果糖にはなぜ問題があるのか?

炭水化物

果糖と聞くとなにか身体に良さそう!?

とんでもない!逆に身体に悪いんです。

脂肪も増やしちゃうんです。

まさか!それではみていきましょう。

果糖とは

炭水化物とは?でも書いたのですが、果糖とは果物やハチミツに含まれている、非常に甘味が強い単糖類です。またショ糖(砂糖)はブドウ糖と果糖一分子ずつなので、砂糖を摂ることでも果糖を摂取することになります。

果糖の何が問題なのか

果糖は痛風の原因になったり、AGEsを生成したり、中性脂肪を増やして脂肪肝を誘発したりなど、様々な問題があるのです。

引用:「炭水化物のすべて」山本義徳

果糖はグルコースと違い、肝臓で代謝された後に解糖系に入り続けてしまうことができるために問題があるのです。

グルコースは肝臓で代謝され解糖系によりエネルギーにされます。ここまでに幾つかの代謝を経ているので、代謝の調整ができるのです。これにより、解糖系をストップさせることができ、作られるエネルギーの量が調整できたりします。余ったグルコースはグリコーゲンとなり筋肉の中に蓄えられたり、血液により血糖として全身を移動します。

しかし、果糖は肝臓で代謝される速度がグルコースより早いために、代謝の調整をすることができません。そのために解糖系の中にどんどん送られます。この時にアセチルCoAが過剰に作られてしまいます。アセチルCoAは中性脂肪の原料となるので、中性脂肪が合成されてしまいます。また、肝臓での代謝が主になるので、グリコーゲンとして蓄えられることがないのです。
脂肪合成の酵素の活性も高めてしまうことによっても中性脂肪を増やします。肝臓での代謝が主になるので、脂肪肝にもなってしまいます

つまり、果糖はとればとるほど中性脂肪の原料となるアセチルCoAを生み出し、そして脂肪合成の活性を高める。これにより中性脂肪を増やすことにつながってしまうのです。

果糖といえば果物?

バナナやメロン、イチゴ、パイナップルなど、100gあたりに含まれる果糖の量はせいぜい2g程度。しかしレモネードを100ml飲むと、いきなり20gの果糖を摂取することになります。

引用:「炭水化物のすべて」山本義徳

果物に含まれている果糖の量はほんの少しなのです。

果糖として気を付けなければならないのは果物ではありません。

では何に気をつければ良いのか?
それは「砂糖」やジュースなどに入っている「果糖ブドウ糖液糖」です。そして「砂糖」です。

前述の通り砂糖はブドウ糖と果糖の二糖類です。砂糖を大量に摂るということは同時に果糖を大量に摂ることになります。
そして「果糖ぶどう糖液糖」は砂糖より安価なために清涼飲料水などに大量に使われています。栄養成分表示を見るとしっかりとかいてありますよ。

まとめ

果糖は名前と違ってすごく悪いやつでしたね。

中性脂肪を増やすだけではなく、さまざまな病気の原因になることがわかっています。

ダイエット中はもちろん、普段も避けたほうがいいですね。

私は甘い飲み物は歯にも悪いのでなるべく飲まないようにしています。知覚過敏でしみるんです。恥

 

今回参考にした本はこちら。
トレーニー、トレーナー、アスリート、ダイエッターには必読の本です。