マシンでトレーニングかフリーウエイトでトレーニング、どちらが正解?

トレーニング

マシンとフリーウエイトどちらがトレーニング効果が高いのでしょうか。

それぞれの利点を見ながら考えていきましょう。

それぞれの利点

同じようなトレーニングを行う場合でもマシンとフリーウエイトでは利点が異なります。まずはそれぞれの利点をみていきましょう。

マシンの利点

マシンの利点はなんといってもその手軽さにあります。

軌道が決まっているので、トレーニング経験がない人が使ってもすぐに安全に正しく使うことができます。

また、安全性もあります。ウエイトが体の上に落ちて怪我をするなどの危険性がないので、どなたでも安全にトレーニングをすることができます。

フリーウエイトの利点

フリーウエイトの利点は、そのトレーニング効果の高さです。
マシンに比べて軌道が安定していないので、たくさんの筋肉を動員することができます。軌道が安定していないことで、マシンに比べてトレーニング効果が高くなっています。

また、軌道が安定していない分、スポーツの動作に近いトレーニングができるので、スポーツのパフォーマンスの向上に有利です。また、バーベル一つで何種類もの種目ができるので、経済的で省スペースという利点もあります。

それぞれの欠点

マシン フリーウエイト
安全 危険
簡単 難しい
種目が限られる たくさんの種目ができる

このように利点の裏返しが欠点となります。

どちらがいいのか?

基本はトレーニング効果が高いフリーウエイトを行うべきだと思います。

しかし、フリーウエイトは危険性もあり、動作を習得するまでにも時間がかかります。それぞれの利点のをうまく取り入れてトレーニングしていくべきでしょう。

トレーニングに慣れていない→マシン

信頼できる指導者がいる→フリーウエイト

理想は信頼できる指導者を見付けて、フリーウエイトでトレーニングをしていったほうがいいです。そのほうが結果的にはトレーニングの成果を早く得ることができるでしょう。

ある程度経験がある人の場合は、負荷のかかる位置でマシンとフリーウエイトを選んでもいいと思います。

フリーウエイトの種目では、重力の関係で負荷が抜けてしまう局面が発生してしまいます。例えばダンベルフライや肩のレイズ系の種目など。
そのような時に負荷を抜かずに的確に刺激したい場合、マシンを選択してもいいと思います。

終わりに

私は強いフリーウエイト信者なので、フリーウエイトを強くおすすめします。

すべての種目をフリーウエイトでやってもいいと思っています。

しかし、フリーウエイトには欠点もあるのは事実です。
フリーウエイトを習得しながら、マシンも使ってしっかりとトレーニングをすることをオススメします。

マシンだけではなかなか成果を出すことは難しいと思います。