浮腫の原因は?水分の取りすぎ?それってホント?

健康

浮腫の原因はなんなのでしょうか?

巷では水分を取りすぎることによって、浮腫が発生するなんて言われていますが、それって本当なのでしょうか?

浮腫の原因

浮腫の原因は様々なものがあります。

  • タンパク質不足
  • 水分不足
  • 塩分過多
  • 血流、リンパの流れが悪い

このようなことがあげられます。
他にもストレスやアルコール、睡眠不足といったことも原因としてあるそうです。

タンパク質不足

タンパク質が不足すると、血中のタンパク質の濃度を調整するために、体に水分を引き込むことで浮腫が発生してしまいます。薄くなっている血中のタンパク質の濃度を濃くするためにこのようなことが起こってしまうそうです。

女性で下半身が異常に浮腫んでいる人をたまに見かけますが、意外にもタンパク質不足が原因となっている場合があるようです。意外な盲点ですが、タンパク質の不足によっても浮腫は引き起こされます。

水分不足

これも意外ですが、水分を取らないと浮腫が発生してしまいます。モデルの方々が水を大量に飲んでいるのはこのような理由からかもしれません。

ではなぜ水分が不足すると、浮腫が発生してしまうのでしょうか。

水分をたくさん取っている場合

  1. 水分を取る
  2. 尿が順調に出る
  3. 水分が排出され、浮腫まない

水分が不足している場合

  1. 水分を取らない
  2. 水分を蓄えようとして、抗利尿ホルモンが出る
  3. 水分やナトリウムが排出されず、浮腫が発生する

また、水分を取ることにより、体内のナトリウム濃度を薄めることができるので、浮腫を抑えることができるようになります。

塩分過多

塩分(ナトリウム)を取りすぎることによっても浮腫は発生します。
ナトリウムは水分を引き込む作用があるので、体内に水分を増やしてしまうのです。

これにはカリウムが関係しています。

カリウムは細胞内に、ナトリウムは細胞外にそれぞれ存在しています。ナトリウム過多になると、細胞外に水分を引き込んでしまうために、浮腫が発生してしまいます。

血流、リンパの流れが悪い

これは同じ姿勢を続けたりしても発生してしまいます。
大きく関係しているのは、運動不足、筋肉量の低下でしょう。

運動不足により、血流の悪化が浮腫の原因となっています。筋肉は体内でポンプの役割をしますので、筋肉量が低下することも浮腫が発生する原因となっています。

浮腫を防ぐためには

浮腫を防ぐためには、これらの原因を取り除くことが大切です。

  • タンパク質を摂取する
  • 水分を多めに取る
  • 塩分を取りすぎないようにし、カリウムを含む食べ物を取る
  • 運動、筋トレをする

といったことでしょう。
あとは基本的なことですが、ストレスを溜めないように、規則正しい生活をすることが大切です。

私が浮腫を取りたい時に摂取しているものをまとめておきましたので、是非参考にしてみてください。

浮腫を取る時に摂取しているもの

終わりに

浮腫は美容の大敵ですね。
浮腫んでしまう原因は水を取ることではないんです。水を取らないことなんです。

女性の方は特に水分を摂取している方が少ないので、浮腫んでいるときは多めに水分を取ってみてください。

筋トレにはもちろん浮腫を防ぐ効果もあるので、積極的に行っていきたいですね!

筋トレしててもラーメンやお酒を飲んだら浮腫むので、筋トレしていない人はより対策をしっかりとした方が良いと思います!