乳酸の働きとは?

疲労物質とされている乳酸の働きとはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

乳酸の働きについて見ていきましょう。

乳酸とは

体の中で筋肉がエネルギーを糖質から作り出す時に生成されるものです。

解糖系でエネルギーが作られる時に、蓄えられたグリコーゲンをピルビン酸から乳酸に分解して作られます。

乳酸は疲労物質なのか

乳酸は、筋肉を使う時に生成されます。

少し古い実験において、

「運動の後に乳酸の濃度が増えている。」

「乳酸が増えることにより、疲労を感じる。」

「乳酸は疲労物質である。」

とこのような実験の結果から、乳酸は疲労物質であるということが、広く知られるようになりました。

しかし、疲労は様々な要因が絡み合っているということがわかってきています。
乳酸だけが疲労物質とされてきましたが、

乳酸の他にもある、様々な代謝物の影響により、筋肉の中が若干に酸性に傾いてしまうことなどが原因ではないかと言われています。

乳酸の働き

では乳酸の働きにはどのよう物があるのでしょうか

  • 乳酸はエネルギーとして筋肉で再利用される
  • 脳内でエネルギーとして利用される

という働きがある。

つまり、疲労を感じさせるだけではなく、エネルギーとして再利用されるというじゅうような働きがあるのです。

乳酸は、生成されると、一部はグリコーゲンにまた戻され、エネルギーとして再利用されます。

糖に戻されなかった乳酸も、乳酸脱水素酵素という酵素の働きによりピルビン酸になり、ミトコンドリアで酸化させられます。

このように、乳酸はエネルギーとして消費されるのです。

乳酸をよりスムーズにエネルギーにするために必要なもの

それが「クエン酸」です。

クエン酸は前述した、乳酸が酸化させられて、エネルギーになることを助けてくれる働きがあります。

クエン酸は疲労回復に良いと言われるのは、乳酸の酸化を助けることと関係が深いからでしょう。

終わりに

乳酸は疲労物質ですが、乳酸だけが疲労の原因ではないんですね。

解糖型でエネルギーを作る際はどうしても乳酸が生成されてしまいます。

生成されたものをいかにスムーズに処理するかが、実際の疲労を大きく関係しているのでしょう。

サプリメント、ストレッチ、軽い運動などで、乳酸をしっかりと処理して、疲労に備えたいですね!