プロテインを飲む有効なタイミングは、いつなのか?

トレーニング後しかプロテインを飲んでいないという人も多くいると思います。

しかし他にもプロテインを飲んだほうがいいタイミングが有るのです。

プロテインを飲む有効なタイミングとは

プロテインを飲む有効なタイミングとは?

  1. トレーニング前後
  2. 起床直後
  3. 就寝前
  4. 間食

この4つが有効なタイミングです。

トレーニング前後

トレーニング後30分はゴールデンタイムなのでそこを逃してはいけない。

これは聞いたことがあると思います。これは紛れもない事実なので、割愛しますが、早く飲めば飲むほどいいということではないかもしてません。

トレーニング直後にプロテインを摂取してしまうと、まだ交感神経が優位な状態なので、吸収が上手くいかない場合があります。

なので数10分後の摂取でいいと思います。

ゴールデンタイムと同じくらい、トレーニング前のプロテインの摂取が有効です。

なぜなら、トレーニングをした瞬間から筋肉の分解は始まってしまっているから。

分解を抑えるためには、血中のアミノ酸濃度を高めておく必要があります。
プロテインは摂取後約1時間で血中濃度が高まるので、1時間前の摂取がオススメです。

BCAAをトレーニングの30分前に摂取してもOKです。

起床直後

睡眠中は、栄養の摂取ができないために、筋肉の分解が激しくおこってしまっています。その筋肉の分解を一刻もはやくストップするためにも、起床直後のプロテインの摂取が有効です。

総合アミノ酸のEAAのほうがベストですが。

また、朝食を抜きがちな人も朝のプロテインは有効でしょう。

就寝前

これも前述した理由と同じで、就寝中に栄養が摂取できないために、少しでも筋肉の分解を抑えるために飲んだほうがいいでしょう。

また減量中は、どうしても就寝まえは空腹に苦しまされてしまいます。
その空腹で何度寝れない思いをしたか。(泣)

そんなことはいいんですけど、プロテインにより、余計なものを夜食として食べに済むという面もあるので、就寝前のプロテインは有効です。

間食

食事と食事の間が空いてしまった場合、どうしても空腹感に襲われてしまいます。
その空腹間によって、甘いものへの誘惑が発生してしまいます。

プロテインをおやつとして摂取することで、他の余分なものを摂取せずに済みます。また筋肉の分解も抑えることができます。

さらに、食間が長く空いてしまえばしまうほど、食事によるインスリンの影響が大きく出てしまいます。それを防ぐためにも間食にプロテインは有効でしょう。

そんなに飲んでも大丈夫

このオススメのタイミングで飲んでしまうと、1日に何度もプロテインを取る事になってしまいます。

何ら問題はないと思います。

飲みすぎてしまえば、太ってしまいますが、プロテインは低カロリーなので、そんな心配はいらないでしょう。

トレーニングしている人は、体重の2倍g程度のタンパク質量になるようにするにはこのぐらい必要になってしまいます。

また、トレーニングをしていない人でも、タンパク質は健康に大切な役割をしていますので、少し多めに摂取することをオススメします。

終わりに

プロテインを飲む有効なタイミングについて書いてきましたが、私はトレーニング前中後、たまに寝る前と摂取しています。

ほかは食べ物から摂取するようにしています。

タンパク質を摂取するのって思ったよりも大変なことなので、プロテインを有効に活用してください!

出先のおやつでプロテインをシャカシャカできたら立派なトレーニーでしょう。