咀嚼の大切さ

ダイエット

普段何気なくしてる咀嚼ですが、実は大切な働きをしているようです。

サプリメントによって栄養を摂取することは間違いなく大切なことですが、必要な栄養をすべてサプリメントから摂取しているボディービルダーはいません。

食物から栄養を摂取することの大切さと共に咀嚼にも大切な働きがあるのです。

その咀嚼の働きについて書いていきます。

咀嚼の働き

咀嚼には、幾つかの働きがあります。

満腹中枢を刺激する

よく噛んで食べるとお腹いっぱいになる!
これは有名な咀嚼の働きです。

咀嚼には満腹中枢を刺激する働きがあります。

早食いをすると、満腹中枢が刺激されるまでに時間がかかるために、食べすぎてしまいますよね。
減量中はこれを防ぐために、イカのおつまみを食べたりする人が多いと思います。
イカは固いために咀嚼の回数が増えるため、満腹中枢が刺激され食べ過ぎや、空腹感を軽減できるのかもしれません。

消化を助ける

咀嚼には消化を助ける働きがあります。

咀嚼をすることにより、消化に関連する種々の臓器が活発に働き出すことにより、消化がよりスムーズに行われるようになります。唾液にも消化酵素の分泌を促す効果があります。

消化がスムーズに行われるということは、栄養の吸収がより良くなるということでもあります。

終わりに

咀嚼をすることは思った以上に大切な働きをしています。

私はラーメンが好きで(特に二郎)、よく早食いをしてしまうのですが、毎回食べすぎてしまっていますw

だって美味しいんだもん!
普段は早食いに気をつけます。

あと、楽しい、美味しいと思って食べた方が栄養の吸収も良くなるみたいなので、トレーニング後のグロッキーな時でも、元気に、よく噛んで、美味しいと思って食べるということが大切なのかもしれません。(美味しいかどうかは別にしてw)

減量中の方は特に意識して咀嚼できるものを食べると少しは楽になるかもしれませんね!