糖新生とは?

ダイエット

糖新生?聞きなれない言葉ですね。

しかし、ダイエットをするならまず知っておいたほうがいい言葉です。

それではみていきましょう。

糖新生とは

糖新生とは、体内にあるグリセロールやアミノ酸、乳酸を使ってブドウ糖を合成することです。
簡単に言うと、体内の脂肪や筋肉を分解してブドウ糖を作ってしまう経路のことです。

なぜ糖新生が起こるのか

ブドウ糖は体内で物凄く重要なエネルギー源となっています。
なぜ重要かというと、ブドウ糖だけしかエネルギーにできないのが「脳」と「赤血球」なのです。この2つがブドウ糖を欲しがっている時に体内にブドウ糖がなく、すぐに食べ物から摂取できない場合生きていくことができなくなってしまいます。

これを防ぐために体内にあるものを分解して糖を生み出す「糖新生」がおこるのです。

なにがいけないのか

体内で糖を生み出す糖新生ですが、なにがいけないのでしょうか。

脂肪や乳酸から糖を生み出してくれるだけなら一向にかまわないです。しかしそれだけではなく、アミノ酸からも糖が作られてしまうんです。ここが大問題なのです。
体内のアミノ酸は、筋肉を分解して作り出されます。

つまり、筋肉が分解されてしまうのです。

分解された筋肉は簡単には戻ってこないです。
脂肪はリバウンドで簡単に戻ってきます。

糖新生が起きてもすべてが賄えない

糖質がゼロに近い状態だと、一日にブドウ糖が作られる量は80g程度とされています。

引用:「炭水化物のすべて」山本義徳

糖新生が起きても一日に糖質を80g程度しか生み出すことができないのです。

ケトーシスになっていない場合、脳だけでも一日に120gの糖質が必要となります

引用:「脂肪酸とケトン体〜糖質制限ダイエットの科学〜」山本義徳

脳だけで一日に120gの糖質が必要と言われています。

糖新生だけでは、どうしても足りないのです。

糖が足りないと身体は低血糖状態となり、空腹感やエネルギー不足に悩まされてしまいます。

体重は減る

糖新生を起こすと体内にある栄養素を分解して糖を生み出すので、体重は減ります。

これだけを見ると良いと思う方もいるかもしれませんが、絶対にやめておいたほうがいいです。

一度失ってしまった筋肉は簡単には戻ってきません。
リバウンドによって戻ってくるのは脂肪だけです。

ダイエットをしていなくても、緩い糖質制限などでも糖新生が起きる可能性があります。
脳だけで一日に120gの糖が必要なことをもう一度思い出してください。

なくなった筋肉は簡単には戻ってきませんよ。

まとめ

糖新生がおきるということが、かなりやばいことだということが少しはわかったのではないでしょうか。

糖質制限ダイエットをするなら「ケトジェニックダイエット」がお勧めです。

これは古くから行われているダイエットですし、山本義徳氏もオススメしています。ダルビッシュ選手も行っているダイエットです。

こちらの本に詳しく書いてあります。

 

今回参考にした本はこちら。
トレーニー、トレーナー、アスリート必読の本です。