ビタミンCについて

ビタミン

最も有名なビタミンと言っても過言ではない、ビタミンC!

その作用は、多岐にわたっています。

詳しく見るにもその数が多すぎます。
ということは物凄く重要なビタミンなのです。

どのような作用があり、不足するとどうなるのか、
どのように摂取すればいいのかについてみていきましょう。

ビタミンCの主な働き

  • コラーゲン合成作用
  • 免疫力向上
  • コレステロールを下げる
  • 活性酸素除去作用
  • アレルギー症状の緩和 など

コラーゲン合成作用

コラーゲンは繊維状になっている、タンパク質の一つです。

このコラーゲンを作る時にも、

材料を作る時にも、

その材料を繊維状(三つ編み)にする時にも必要とされています。

ビタミンCが不足していると、全くコラーゲンができないということではなく、うまく三つ編みになっていない強度不足のコラーゲンができることになります。
そのようなコラーゲンがあると、強度不足の骨や、椎間板ができたりしてしまいます。
もちろん、きれいな肌もできなくなってしまいます。

免疫力向上

ウイルスと最前線で戦ってくれる、マクロファージ、好中球、NK細胞などがあります。そのウイルスと戦ってくれる面々を増やす作用が「インターフェロン」というものにあります。
この「インターフェロン」を合成する時に必要なのがビタミンCなのです。
つまり「インターフェロン」を増やすためにはビタミンCが必要なのです。

インターフェロンにも抗ウイルス作用があります

ビタミンCは、インターフェロンを増やすことにより免疫力を向上させているのです。
そのために、「風邪の時にはビタミンC」となっているのです。

三石巌氏は書籍の中で「風邪を引いたら30分おきに1gのビタミンCを摂取する」といっている。こじらせる前ならばこれで十分であると私も思います。

コレステロールを下げる

ビタミンCにはコレステロールを分解して、腸から排出してくれる働きがあります。

抗酸化作用

活性酸素の「スーパーオキサイドアニオンラジカル」や「ヒドロキシルラジカル」を消去する作用があります。しかし、ビタミンC単体だと、スーパーオキサイドを分解した時に発生する過酸化水素を「ヒドロキシルラジカル」にしてしまう可能性があります。

このときにはビタミンEとの併用が望ましいです。(こちらに詳しく

アレルギー緩和作用

アトピーやアレルギーを緩和する作用があります。
これは免疫を司っている物質の走化性を高める作用がビタミンCにあるためです。

他にもたくさん

「ビタミンCが関係している代謝は500〜10000程度ある」と三石巌氏は書籍で書いています。

体内のことなので、これがすべてわかる日は来ないと思います。しかし、ビタミンCが人間に取って非常に重要な物質ということには変わりがありません。大量にある代謝をすべてうまく行うための理論としてカスケード理論というものがあります。三石理論と言われている理論の一つです。それについてはこちらに詳しくあります。

ビタミンCが不足すると

有名なのものだと、昔の船乗りを悩ませた「壊血病」です。壊血病にはならないにしても歯茎などから出血しやすくなります。そして、肌荒れ、動脈硬化、爪が荒れます。
免疫力も低下するため、ウイルス性の風邪を引きやすくなります。怪我の治りも遅くなったりします。

摂取方法

ビタミンCは水溶性ですので、B群と同様、小分けにして食事と一緒に摂取するのがお勧めです。
ここまでに紹介したような様々な効果を得るためには、一日に最低で2g、できれば3〜5g程は摂取したいところです。

引用:「ビタミンのすべて」山本義徳

ここに、ストレスある場合や、風邪を引いたときなどは、さらに増量することをおすすめされています。

また、脂溶性のビタミンCというものがありますので、そちらのほうが体内残存時間が明らかに長いので、おすすめです。普通のビタミンCの3倍以上の効果があるそうです。

私は、セレブになり次第、脂溶性ビタミンCにします!

摂取しての感想

ここは個人の感想になりますので、必要のない方は飛ばしてください。

私は毎食後1gずつ、水溶性のビタミンCを一日に5〜7g摂取しています。
まず体感としては、風邪を引かなくなりました。
ビタミンCを摂取するまではすぐ風邪を引いていたのですが、飲み始めてからはめったに風邪を引くことはありません。

次に、怪我に治りが早くなりました。
少し前にデッドリフトで腰を痛めてしまったのですが(恥ずかしい)、一週間ぐらいで完治しました。これにはびっくりです。

他にも身体の中では良いことが起こっているはずですが、はっきりと体感があるのは今のところこれぐらいです。なにかあったら追記します。(2018.3.13)

ビタミンCはamazonでも安く買えます。
天然と合成で効果はかわりません。
大量で長持ちします。ぜひ試してみてください。

今回参考にした書籍はこちら。
筋肉博士こと、山本義徳氏が書いた本です。
トレーナー、トレーニー、スポーツ選手、健康に対して意識が高い方には必読の本です。

 

そしてこちら。
分子栄養学の教科書的な本です!
身体に不調があるかた、健康のレベルを上げたい方にはオススメです。