有酸素運動は何分続ければ効果があるのか?

ダイエット

ダイエットには有酸素運動か?無酸素運動か?

ダイエットにはウエイトトレーニングが最適ということは分かって頂けたと思います。

がしかし!やはり有酸素運動もしたくなるのがダイエッターのリアルな心情。

そこで今回は有酸素運動を何分続ければ効果があるのかについて書いていきたいと思います!

それではいきましょう!

有酸素運動の時間

「有酸素運動は20分以上続けなければ効果がない」なんて聞いたことありませんか?

「運動によって体脂肪を燃焼させるには、低強度のエアロビック運動を最低 20分以上続けることが必要」

引用:「究極のトレーニング」石井直方

このように20分以上続けなければ体脂肪が燃焼しないんですね。

しかし!

1回に20分以上の有酸素運動をすることは大変なことです。もちろん疲労も蓄積されてしまいます。

何かいい方法はないのか!なんと!あるんです!

分割可能

30分の2回

最大酸素摂取量60%の運動を1時間行う場合と、20分の休息をはさんで30分ずつ行う場合とで、ホルモン応答と脂質代謝がどのように異なるかを調べました。
その結果、アドレナリン、成長ホルモン、インスリンなどの応答は、運動を分割したほうがトータルとして大きくなることがわかりました。また、血中の脂肪酸とグリセロールの値も、脂質へのエネルギー依存度も、最終的には運動を分割した場合の方が高く、しかも運動終了後にもしばらく高いレベルが維持されました。

引用:「究極のトレーニング」石井直方

このように同じ運動をした場合には、「休憩をはさんで行った場合」と「続けて行う場合」だと、途中で休憩を挟んだほうが効果が高いということがわかったのです。

なんと!素晴らしいことですね!
なかなか運動を長時間続けることは難しいですからね。途中で休憩をはさみながら行えばちょっとだけ大変さが減りますね。私なら間違いなく途中で休憩します。

30分を2回が有効なことはわかりました。
しかし、30分を2回でもなかなか大変です。他にも何かいい方法はないのか…ありました!

10分の3回

1回に10分間だけ、それを一日3回に分けてやった場合、連続30分やった場合と比べて、脂肪を燃やす効果は変わらなかった

引用:「山本義徳オフィシャルブログ

良かったです。
10分を3回ならばますます簡単になりますね!

結論

このように有酸素運動は分割が可能ということがわかりました。

「10分を3回」と言うものがありました。これを考えてみると「20分以上行わないと脂肪は燃えないという前提」がおかしなことになってしまいますね。
それを証明する知識が私にはまだないのですが、

有酸素運動は続けても、休み休み行っても結果は同じ、そして時間もあまり重要ではないといえるのではないでしょうか。

ということは、普段の「どこかに向かって歩くこと」「車を使わず歩くこと」「エスカレーターではなく階段を使うこと」でも分割可能ということです!

わざわざ時間を作らなくても普段のちょっとしたことを積み重ねれば大きくカロリーが消費できるかもしれないということです!

そんな時には「早歩き」がオススメ^^
ジョギングよりも身体(関節)に優しく、同じスピードなら早歩きのほうがカロリー消費は大きいですよ!ぜひお試しを!

まとめ

有酸素運動はこまめにやってもいいんですね!もちろん有酸素運動は疲労の蓄積もコルチゾルレベルの上昇も招いてしまいますので、やり過ぎには気を付けてくださいね!

私は有酸素は大嫌いなので減量中でも一歩も走りませんし、減量中でない限り階段は使いません。

そしてダイエットには「ウエイトトレーニング」です!
どうしても有酸素がしたくなっちゃうストイックなダイエッターは参考にしてみて下さい。

やり過ぎだけは気を付けて下さい!
毎日長時間有酸素運動をするなんてことは考えないようにしてくださいね^^